事業紹介

ふるーら泉

事業所番号:2272101458

想いに寄り添いその人らしく生き生きとした
暮らしの実現をご提供いたします。

0544-66-8635

富士宮市泉町626-3

0544-23-8782

平成24年3月に開設した全室個室の介護付き有料老人ホームです。

入居定員67名(1階10名、2階~4階は各19名)で、各階ごとに食堂・リビング・浴室・リハビリスペースを設け、1階には多目的室を完備しております。

外観やエントランスはでホテルのような佇まいで、非常に明るく清潔感があります。

雄大な富士山を愛でながら、充実した介護・看護体制で生活することができます。

「ふるーら」とは、「フル」(満たされる)と静岡の方言の「~ら」を合わせた造語です。

充実した満たされた生活を送り続けていただきたいとの想いで、「ふるーら」という言葉を施設名に付けました。

「すべてその人らしさ(個性)として受けいれ、寄り添います」を信条に、職員一人ひとりが入居者の日々のサポートをしています。

対象者

要介護認定を受けた方はもちろん、自立・要支援の方もご入居できます。
身元引受人を立てることのできる方

周辺環境

施設横には潤井川が流れていて、周辺は住宅街で静かな環境です。北側の居室からは富士山が見えます。
車で5分圏内に商業施設があり、買い物なども便利な所です。
施設から2キロ以内に介護施設や医療機関も多くあり利便性が非常に良い地域です。
公共交通機関:JR身延線「西富士宮」駅より徒歩8分

館内配置図・居室レイアウト

ふるーら泉 1F間取図ふるーら泉 2F間取図ふるーら泉 3F・4F間取図
ふるーら泉 居室ふるーら泉 浴室ふるーら泉 リビング・食堂ふるーら泉 景観献立の一例

0544-66-8635

0544-23-8782

富士宮市泉町626-3
JR身延線「西富士宮」駅約600m(徒歩8分)

特徴

  1. ①ホームの職員(介護職員・看護職員等)による介護・医療を受けることができます。介護職員は24時間365日、看護師は日中常駐の体制です。
  2. ②協力医療機関の医師による定期的な訪問診療を受けることができます。
  3. ③看取り介護も可能で、終の棲家として最期まで安心して暮らすことができます。
  4. ④リハビリ機器を備えており、充実した機能訓練を受けることができます。楽しみながら参加できるレクレーションや、雄大な富士山を眺めながら歩行訓練などのリハビリもできます。
  5. ⑤自社グループ会社の無農薬・減農薬で育ったお米を提供しています。

提携医療機関

名称 診療科目
富士いきいき病院 内科・整形外科・脳神経外科
泉町歯科クリニック 歯科
所在地 富士宮市泉町626-3

施設概要

建物構造 鉄筋コンクリート造地上4階建
類型 介護付き有料老人ホーム
介護保険 (介護予防)特定施設入居者生活介護
共用施設 食堂・多目的室・浴室・事務室・相談室・健康管理室

Q&A

施設に関して

介護付有料老人ホームとはどんな施設ですか?

介護付有料老人ホームとは、24時間介護スタッフが常駐し、掃除や洗濯など身の回りの世話や、食事、入浴、排せつなどの介助サービスが受けられる介護施設です。看護師も日中は常駐しており、安心して過ごしていただけます。 介護度が軽い方から重い方、寝たきりの方、認知症の症状がある方など幅広く受け入れています。看取りまで対応しており、終の棲家として最期の時までお過ごしいただける施設です。

館内にはどんな設備がありますか?

皆様に主にお過ごしいただく居室(全室個室 トイレ洗面台付)、食堂、機能訓練室(リハビリを行う部屋)があります。入浴室は一般浴室と介護度が重くなった時には機械浴室もあります。 その他交流室や「保育所」(併設事業所)も入っている施設もあります。

ご利用料金について

1ヵ月どの程度の費用が必要ですか?

居室代や食事代などの「入居に伴う基本費用」と「介護保険料(自己負担分)」、オムツなどの「生活用品」と薬や受診料など「医療費」が1ケ月の費用として必要になります。 介護保険料は月定額ですが、介護度によって金額が違います。 介護負担割合は御本人様の所得によって違いがあり、1割から3割の負担額となります。 また生活用品代、医療費は必要度に応じて金額は変わります。 そのため人によって月額費用は変わりますが、約18万円からとなります。(詳しくはご相談ください)

入居時には、いくら費用が必要ですか?

入居一時金はありませんので、入居時の費用は特に必要ありません。 家賃に関しては原則入居日に「当月日割り家賃」と「翌月の1か月分家賃」を先に頂いております。

入居・手続きについて

体験入居などはできますか?

ご対応しております。(日数等はご相談ください)

入居には、どのような手続きが必要ですか?

施設に直接ご連絡いただけたら、「生活相談員」が対応させていただきます。 まず施設見学に来ていただき、入居希望でしたら入居申込書を記載していただきます。 その後、入居される御本人様の状況を確認させていただき、入居に問題がなければ入居契約、入居という流れになります。

入居に際しては、どのような準備が必要ですか?

施設の居室は御本人様のお部屋(ご自宅)という認識ですので、生活に必要なものは御本人様・御家族様に用意していただきます。制限はありますが、日頃からご愛用されている家具や身の回り品もお持ちいただけます。居室には「介護ベッド」が完備されております。また一般的な車イズの施設にてご準備いたします。(介護度等によりお持ち込みの備品には一定の基準がある場合もあります)

介護用品のレンタルは出来ますか?

介護保険を利用した介護用品のレンタルはできません。 ただし、御本人様の身体に合った介護用品が必要な場合は、自費でのレンタルにて対応しております。

退去の際の手続きはどうなりますか?

施設の「生活相談員」にご相談ください。その後、退去日を決定し、契約解除届出書を記載していただき、ご退去となります。お申し出は退去の1ヶ月前までにお申し出頂きますようお願いします。(お看取りの場合を除く)

入居中、何か困った時は、どこに相談すればいいですか?

お気軽に施設スタッフに相談下さい。 相談内容により担当者又は専門職が対応させていただきます。

介護・医療について

寝たきりになっても介護してもらえますか?

終の棲家として、ご希望があればお看取りまで対応させていただいています。 介護度が重度になったり、寝たきりになっても生活し続けることが可能です。

認知症と診断されても、生活は継続できますか?

もちろん認知症の方でも生活できます。

医療体制について教えてください。

協力医療機関・歯科医療機関を定め、提携をしております。かかりつけ医としてご紹介することも可能です。また、施設に日中看護職員を配置しており、健康状態の観察に努めております。

暮らしについて

レクリエーションやイベントはありますか?

スタッフが工夫して様々なレクリエーションを企画しています。 手先を使う折り紙などの工作、手芸、漢字やことわざ当てゲーム、簡単な計算、カラオケ、体操など、楽しみながら身体機能向上や脳の活性化が図れるものが多く企画されています。 また、囲碁、将棋、書道や生け花など、入居者がもともと趣味として嗜んできたものも取り入れています。 イベントも季節に合わせ開催していて、お正月やお花見、夏祭りや敬老会、クリスマスなど地域の方と一緒に楽しめるイベントを開催しています。

通院が必要な場合はどうすれば良いですか?

協力医療機関以外の通院の場合、御家族様が通院付き添いしていただければ、通院はどこでも可能です。 提携医療機関以外の通院で、御家族様の通院付き添いが難しい場合は、別途費用はかかりますが施設対応もご相談承ります。

面会は出来ますか?

もちろん可能です。(施設により可能時間は異なります) 時期により感染拡大等を配慮して、窓越し面会やオンライン面談等をお願いすることもあります。